病気を直す水もあれば、病気を作る水もある。

歴史と研究

歴史と研究

◆人と水

人間は水なしでは当然生きていくことができないため、人類が誕生してから水の恩恵を受けてきました。 人間の体は約7割が水分でできており、生きていく上で必要な酸素やそのほかのエネルギーなどを運んだり、体の中の不純物を排泄し、さらには体温を調節するといった役割を担っています。 特に重要なのが、人間の体には血漿といった血液があるのですが、その血漿は液体でできるおり、さらにその成分は大半が水となっているのです。 人間が一日で必要な水分量は最低でも2L以上は必要となっており、目に見える汗をかいていなくても、尿や皮膚から自然と水分が蒸発しているのです。 そのため、直接水分を補給することはもちろんですが、食べ物などからも水分を摂取して、2L以上の水分を毎日取らなくてはいけないのです。

最近ではただの水ではなく、水素水が健康に与える影響は大きいとされ、それを毎日飲む人が多いですが、実はこの水素水は昔にもあったのです。 フランスやドイツ、スペインでは奇跡の水として人間の病気などを治せる水が発見されていましたが、当初は分析してもただの水といった結論が出されました。 しかし、後の分析の結果では、それら全ての奇跡の水と言われる成分には、多くの活性水素が入っていることがわかったのです。

奇跡の水

◆昔から飲まれていた

奇跡の水と呼ばれたトラコテという村の話があります。メキシコから北に数百km行ったところにある小さな村の話なのですが、この場所で生活する人がいました。ある日、この人の飼っているペットの犬が大怪我をして帰ってきて、見るからに瀕死の状態となっていました。 小さな村ですし、今の時代のように動物病院などはなく、どうすることもできずにいたのですが、せめて水ぐらいは飲ませてやりたいと重い、井戸の水を犬に与えました。 すると、瀕死の状態だった犬が水を飲んでから徐々に回復していったのです。 この話は瞬く間に広まり、なんでも治す水として色々なところから多くの人が集まったのです。 もちろんこの水にも、活性水素が含まれていることが後々わかったのです。

今は水素水が体にどういった効果があるのかを科学的に証明されつつありますが、昔はそういった根拠はなかったにしろ、体感的に体に良いことを知っていたのです。 日本でも昔から奇跡の水と言われる水素水が発見されており、世界三大名水として大分県日田市にありました。 地下奥深くから汲み上げる水には、大量の活性水素が含まれていて、昔から体調が悪い人が利用していたのです。

長年の研究

◆病気を治す水

アクリファイ 活性水素が日本でも多く普及するようになったのはここ最近ですが、その水素水を研究している第一人者が、九州大学の白畑教授と言われています。 もともと10年以上前から活性水素の研究を行っており、日田天領水の水についても研究をしていました。 その過程において、日田市の井戸から取る水には多くの水素が含まれていることが分かり、水素がもたらす健康への影響を明らかにしていったのです。 そして、そういった水素水を人工的に作り出し、多くの人に飲んでもらえるような研究を今もなお行っているのです。 ちなみに、医学博士である林秀光さんは、水には2種類あり、病気を直す水もあれば、病気を作る水もあると語っているのです。 いま、大分県鹿鳴越の流水に水素水をいれたものが人気を集めており、天然で作られる水素水により近い状態を再現しているのです。

おすすめサーバー

こんな記事も人気!

チェック 水素水には、どのような効果があるかが分かったのではないでしょうか。 水素水は色々なところで話題を取り上げられていますので、体に良い、健康に良いといった認識を持っている人も多いと思いますが、なんとなくだけで、しっかりと理解している人は意外と少ないのです。 昔の日本では生活習慣病やアレルギーなどの患者数は、今よりもはるかに少ないです。 食に関して多彩になったことや、仕事によるストレスが増えていることなどが要因として考えられますが、こんな時代だからこそ、健康に気を使わなくてはいけないのです。

ウォーターサーバーを職場や自宅に設置するケースが増えていますし、水道水を使わずに水を毎回購入してくる人も増えてきました。 これは、水道水があまり体に良くない、健康のために購入したほうが良いと思うからなのでしょう。 少なからず皆さんは健康に意識して行動していると思いますので、水素水サーバーを設置することで、わざわざ水を買いにいくという行動をすることもありませんし、いつでも安心して水素水を体に取り入れることができるのです。 もちろんタダで設置することはできませんが、場合によっては水を買ってくるよりも安くなることもあるのです。

記事詳細