アクリファイでは、真空保存できる容器も販売しています。

濃度が重要

濃度が重要

◆単位について

水素水が健康に良いという認識が多くの人に広まっていますが、そもそもどのぐらいの濃度があれば良いのか、ちょっとでも水素が入っていれば水素水と呼べるのかどうかについて説明します。 まず濃度を測るための単位には、PPMというのがあります。 一度は聞いたことがあるかもしれないこの単位ですが、よく表現される例としては、汚染水の中にある有害物質の量を表す際に、このPPMといった表現をすることがあります。 PPMはパーツパーミリオンのこととなっており、100万分の1の単位となっていますので、1Lの中の1mgのこととなるのです。

ただ、中にはPPMではなくPPBで表現するようなこともあるのですが、PPBは10億分の1を表す単位となっています。 一般的な人からすれば、こういった単位はわかりづらく、全て統一した単位で表現してもらったほうがありがたいのですが、販売する会社や業者によっては、濃度を多く見せるためにPPBで表現しているケースもあるのです。 水素水サーバーや水素水の広告やサイトなどは多数ありますが、こういった濃度の単位について詳しく知ることが、重要となるのです。

一般的な濃度

◆どのくらいが平均か?

濃度に関しては、1.0PPMから1.6PPM程度が一般的な水素水の濃度と言われています。 広告などでそれ以上の濃度を宣伝しているケースもありますが、実際に飲む時にはその濃度があるとは限りません。 基本的に密閉された状態で高濃度の水素を発生させることで、高濃度な水素水を作ることができますが、時間がたつと自然と水素が抜けていってしまいます。 1.6PPM以上の濃度を持った水素水では、飲み干すのと抜けるのはどちらが早いのかと思うぐらいのスピードで抜けてしまうために、いくら高濃度であってもあまり意味がないのです。 もちろん1.6PPM以下の濃度であったとしても、抜けるスピードが遅くなるだけで、時間が経てば完全に抜けてしまいます。 残念ながらこうした情報は公にせずに、あたかも優れている商品であることをアピールするために、高濃度について全面にアピールしているものもありますので、商品選びは慎重に行いましょう。

アクリファイがいい!

◆こんな商品もあります

アクリファイ また、現実的には1.6PPM程度までの水素水が飲めるものとなりますが、では濃度は高ければ高いほうが良いのかといった疑問が残りますが、一般的には0.6PPM~1.6PPMのものを摂取することが良いと言われています。 ある論文などによっては0.1PPMでも効果があるといった学術もあるのですが、多くの例では0.6~1.6PPMを適度に摂取することで、健康的な体になるとされているのです。

濃度にはこういったことがあることから、アクリファイの水素水サーバーがおすすめです。このサーバーの濃度は健康に良いとされている0.6~1.0PPMとなっており、水道式と直接つなげるタイプと、サブタンク式のタイプのどちらかを選べるようになっています。全部で5種類のフィルターが内蔵されており、色々な不純物を取り除き、安全な水素水を作っています。 また、一度タンクの中で作られた水素水というのは、2時間程度でフィルターや電解槽を循環する仕組みとなっていますので、長時間使用していない状態でも安全な水を提供できるような作りとなっているのです。

その他、外出先でも使用したいという方のためにアクリファイでは、真空保存できる容器も販売しています。 通常のペットボトルや水筒などに入れて携帯したとしても、時間が経過して飲む頃には水素が抜けてしまっている可能性が高いため、専用の真空保存できる容器を使うことをおすすめします。 水素は無味無臭ですので、水素が抜けていたとしても全く気づくことができません。 そのため、尚更しっかりとした保存容器で持ち運びしなくてはいけないのです。

おすすめサーバー

こんな記事も人気!

チェック 水素水は飲料水として利用している人が多いですが、実はただの飲み水として利用するだけでなく、様々なシーンにて利用することで、より色々な効果をもたらすことができるのです。 体内に取り入れることで健康を保つことができる効果があるため、基本的にどんな使い方をしたとしても、悪い影響を及ぼすことはないのです。 そのため、ただ飲むだけでなく料理に使ったり、洗顔や洗髪に使っても良いのです。 飲料以外に使うのはもったいないと考える人も多いかと思いますが、アクリファイの水素水サーバーを使えば、そんな心配は必要ないかと思います。 水道に直結させて作ることができるサーバーでは、電気代やサーバー代以外にかかる費用はありません。

水道水を使って作られますので、いわば飲み放題、使い放題となっているのです。 作り方は簡単で、スイッチを入れるだけで自動で水素水が作られますので、使いたい時に好きな分だけ使え、その費用は水代と電気代程度なのです。 この機器を使えば、飲料用以外にも使うことができるでしょう。 水素水を使って健康になり、さらに女性ならお肌などのツルツルになり、料理もおいしく食べることができるでしょう。

記事詳細