ペットボトルの場合、蓋をしっかり閉めても水素は抜けます。

生成方法

生成方法

◆工場で!

今注目を集めている水素水ですが、そ作る方法にはいくつか種類があります。 そのため、販売されている商品を購入しなくても、自分で作って飲むこともできるのです。 一般的なものはスーパーや薬局などで販売されている水素水となっており、多くが工場などで作られています。 その作り方は工場によって様々ですが、市販されているものは容器がしっかりとしたものでなければ、水素が抜けてしまうといったリスクもありますし、水素濃度が低いタイプのも販売されていますので、商品選びは慎重に行わなければいけません。

スティックで!

◆マグネシウムの力

マグネシウムを水に入れることで水素を発生させることができるため、マグネシウムを購入すれば誰でも水素水を作ることができるのです。 ただ、マグネシウムを購入しようと思っても難しくなっておりますので、マグネシウムが入っているセラミックスを加工したものを購入するのが一般的です。 ただ、先ほども言ったように時間の経過とともに水素が抜けてしまうために、専用の容器を自分で用意しなくてはいけません。 普通のペットボトルであれば、いくら蓋をしっかりと閉めても無駄です。 最近は水素水が着目されていますので、マグネシウムスティックが販売されているコーナーに一緒に容器も置いてあることが多いです。

ただ、自分で簡単に作れるといっても、選ぶマグネシウムによっては十分な水素水を作ることができない可能性もあります。 基本的には飲むために作るのですから、純度の高いマグネシウムを使わないと、濃度の高い水素水を飲むことができないのです。 マグネシウムを使えば当然小さくなっていき、いずれはなくなります。 いくら純度の高いマグネシウムでも、コストがかかりすぎては現実的ではありませんので、目安としては、スティック1本で2~3ヶ月程度は利用できるものがオススメです。

サーバーで!

◆アクリファイがおすすめ

アクリファイ 水素水サーバーは自宅やオフィスなどに設置することで、いつでも好きな時に飲めるとして、非常に人気の高い製品となっています。 その水素水サーバーでは、まず水を電気分解させることからはじまります。 水は化学式で表すとH2Oとなりますが、つまりはHとO、水素と酸素からできています。 そのため、電気分解することで、水素を作ることができるのです。 このサーバーで作られた水素は非常に粒子が小さくなっていますので、酸素と結合しやすいといった特徴もあり、体内に取り込むと活性酸素と結合して減らしていく効果が発揮されるのです。

また、マグネシウムを使って作るものとの大きな違いは、不純物が発生しないという点です。水を電気分解するだけですので、純粋な水素水が作れることになります。 さらに大きな特徴として、サーバーは水道水をそのまま使って作るタイプのものがあり、水さえあればいくらでも作れるという点があるのです。 作り方は至ってシンプルとなっており、スイッチを入れてあとは待つだけ、たったこれだけの作業ですぐに作れるのです。 もちろん一度使った水素水は、時間の経過とともに抜けてしまいますが、そのときはまたスイッチを入れて作れば良いだけです。

色々な作る方法がありますが、オススメはアクリファイが販売している水素水サーバー「HWP-300WSS」です。 安定した濃度の水素を発生させることができ、衛生面にも気を使った内蔵タンクとなっています。 購入するとなると高いと感じるかもしれませんが、従来の同製品と比べて4割程度安くなっていて、358000円となります。 さすがに高いと感じる方もいるかもしれませんが、毎月水素水を購入すると考えたときには、分割して払っていくことと変わらないため、購入する方が得となるでしょう。

おすすめサーバー

こんな記事も人気!

チェック おそらく人類が誕生してから水がなければ、今まで人類が生存してくることはなかったでしょう。水は天からの恵みとも言われており、その歴史は古いです。 昔の人は川の水などで洗濯したり、体を洗ったり、飲み水として使っていましたが、文明の発達によって水道が作られました。 いつでも生活に欠かせない水を飲めるように作られた水道ですが、これによって人が水に困ることはなくなりました。 料理や選択、お風呂など、水を使うシーンは多々ありますが、最近では水道水をそのまま飲む人は少なくなりました。 特に住む地域によって水道水には臭みなどを含んでいることがあり、自宅に浄水器をつけたり、飲料用としての水は購入してくる家庭や人が多いのです。 水道水をそのまま飲んだからといって健康被害があるわけではありませんが、よりおいしい水をと求める人が多いのでしょう。

昔は水が飲めることに対してありがたいといった想いがありましたが、今はただの水ではなく、おいしい、体に良いといった部分を水に対して求めているのです。 昔の人からしたら、お金を払って水を買うというのは信じがたい光景かもしれませんが、今の時代ではそれが普通となります。 常に便利で美味しく、さらに健康になれるなどの要望があり、その研究をしていく中でウォーターサーバーの登場があり、そこからさらに今人気の水素水サーバーが誕生しているのです。 こうした背景のもと、現代の水があるのです。

記事詳細