レンタルでの提供も行っています。

サーバーの種類

サーバーの種類

◆サーバーの方がお得?

健康に良い水素水を購入して毎日飲んでいる方もいますが、コスト面や手間などを考えると、サーバーを自宅に設置して飲んだほうが、経済的にも労力的にもお得となります。 最近では健康に気を使ってサーバーを自宅に設置して利用している人も多いですが、サーバーにも色々な種類があります。 自宅の水道管や蛇口に直接結合して水道水を使うタイプのものや、簡易式のペットボトルの水を使って作るタイプ、コンパクトで持ち運びも可能なタイプなど、ご家庭の使用状況に合わせて使うことができるのです。

水道と直結させるだけでいつでも水素水を飲むことができるタイプでは、なんといってもいつでもどんな時でも好きな量だけ飲むことができるといったメリットがあります。 水素水というのは水素が非常に軽い物質のために、時間が経てば経つほど水素が抜けてしまうのですが、直結タイプであればいつだってどんな時でも好きな量が飲めるのです。 また、直結タイプの中でも色々な種類が存在しており、家庭やオフィスなどで使うタイプとして温水と冷水どちらでもすぐに使えるタイプが人気となっています。 ただ水素水を作るだけではなく、夏ならばキンキンに冷えた水を飲むこともできますし、暖かいコーヒーやお茶をすぐに作ることもできるのです。 持ち運び可能なタイプと比べると大きいですが、冷蔵庫よりは小さく場所をとりませんので、どんなご家庭においても設置することが可能となっています。

レンタルもある!

◆直結が一般的

これだけの機能を持った水素水サーバーは高いのではと思う人もいますが、レンタルでの提供も行っています。 購入となった際には数十万円程度はかかってしまい、一般家庭においては高額商品のために手が出しづらいかもしれませんが、提携ローンを扱っていたり、クレジットカードにて分割にて支払うこともできます。 分割での支払いであれば、毎月5000円から1万円程度の返済で済むために、比較的手に入れやすいのです。 実際に水素水をスーパーなどで購入している人にとっては、毎回市販で買うよりもむしろ安くなるのです。 また、水道水に直接繋いで使うタイプでも、コンパクトなタイプもあります。 キッチンの蛇口の脇や後ろなどに設置できるタイプのもので、温水や冷水といった機能はありませんが、水素水を水道水から作ることができるのです。 こちらのタイプはコンパクトなタイプなために、大型のものよりは比較的安価で購入することができます。

水素が抜ける

◆大きさも色々

アクリファイ 水素水は時間の経過とともに水素が抜けてしまうといった弱点があるため、サーバーで作った水素水を携帯して外で飲むことはできません。 どれだけペットボトルなどに入れて密封したとしても、保存が難しいのです。 これは市販で販売されているペットボトルも同じことで、一度開封してしまうと2時間以内にはただの水となってしまうでしょう。 それでも外で飲みたいという人に開発されたのが、携帯型の水素水サーバーです。 充電式のコンパクトなサーバーとなっており、充電をしっかりとしておくことで、外出先で水さえあれば、簡単に作ることができるのです。 大きさはタンブラー程度の大きさとなっていますので、持ち運びが苦になることはありませんので、職場やお出かけ時においてもカバンに入れておけば良いのです。 使用はいたってシンプルで、スイッチを入れることで高濃度の水素水を作ることができますし、フル充電にしておけば数十回も作れます。

おすすめサーバー

こんな記事も人気!

チェック 水素水の濃度については、各メーカーやサイト、ニュースなどによって表現方法は異なりますので、まずは消費者が正しい知識を得ることがとても重要となります。 現在飲んでいる方は、健康のためや美容のためなど、少なからず自分にとって良くなるために飲んでいると思いますので、知識をしっかりと得て正しい水素水サーバーを選びましょう。 濃度が高ければ良いものでもありませんし、低すぎても良くありません。 適度な濃度の水素水を飲み続けることで、健康的な体を手に入れることができるでしょう。

濃度を見極めるポイントとしては、まず単位が重要となっています。 記載されている単位がPPMなのかPPBなのかによって全くその濃度は異なってきます。 これから初めて水素水を飲んでいこうと思っている人にとっては、濃度を見ただけではわからないことも多いかもしれませんが、それについても詳しく説明していますので、しっかりと読んで理解することから始めましょう。 一般消費者の需要が高まっていることから、色々なメーカーから色々な水素水サーバーが販売されていますので、大きさや機能性といったことももちろん大事ですが、一番肝心な濃度について、良い製品を選ぶことが大切となるのです。

記事詳細